Skip to content


放射能にきちんと向き合うイタリアン ラ・リチェッタ via Actio

今、私たちの食事はどれだけの放射能を帯びているのか。今年9月には神奈川県川崎市長が、放射能セシウムを含む食材を学校給食で使うことについて「教育の一環」とする発言をしたが、ネット上では強い反発が起きた。

座間市内にあるイタリアンレストランのラ・リチェッタは、本誌2012年4月号で紹介した「木を植えるレストラン オーロラ」(東京都福生市)と同じく、自前で食品放射能測定器を備える数少ない店だ。3月にNalシンチレーターを導入し、店内の一角を「座間放射能測定室」として提供。測定器の使用は有料だが、市民が自分で食品の放射能を測定できる環境を整えている。

店のオーナーで、同測定室代表の稲垣圭介さん(42才)は地元で生まれ育ち、1999年に店を開業して以降も一貫して地産地消にこだわってきた。しかし東電原発事故で状況が一変。福島から遠く離れた座間にも放射性物質が降り注ぎ、地元食材を通じた内部被ばくを心配しなければならない状況に追い込まれた。

事故以降、「自分が疑心暗鬼になりながら料理を出すのが大きなストレスだった」という稲垣さんは、ベクレルフリーの料理を提供することを決意。使用する食材は測定を行い、検体も放射能を検出しなければ廃棄せずに食材として使い切るなどの工夫を重ねる。

続きは放射能にきちんと向き合うイタリアン ラ・リチェッタ

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.