Skip to content


露テレビチャンネル、「暴力団が日本の核施設で活動」 via Iran Japanese Radio

ロシアのテレビ局・ロシアトゥデイが、「日本の暴力団グループが同国の原子力産業で活動している」と報じました。

(中略)

現在、日本政府関係者は福島原発で原子炉の冷却用に使用されていた、数万トンの汚染水の処分について思案しています。

20万トンに上るこの大量の汚水は、放射能による汚染度が極めて高い為、この汚水の処理場を見つけることは非常に難しくなっています。

ロシアトゥデイはまた、「日本における原子力関連の問題はこれだけにとどまらず、日本での新たなニュース報道によれば、日本政府はやくざと呼ばれる暴力団との接触を始めたとされている」と報じました。

暴力団は、日本で最悪の犯罪組織とされており、政府の情報筋が明らかにしたところによると、暴力団はもうかなり前から、日本の原子力産業で活動しており、これまで10年間の経歴があるということです。

日本政府当局は、暴力団とのこうした協力が不祥事であるとして、この問題に関する情報の開示を差し控えてきましたが、最近、遂にそれが明るみに出ることになりました。

昨年、福島原発の除染作業には暴力団員も作業員として動員されたということです。

日本最大の犯罪組織である暴力団は、福島原発の再建の面で、同国政府への援助を行っていると言われています。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.