Skip to content


大飯原発:規制委が破砕帯調査 「活断層か否定できぬ」via 毎日jp

(抜粋)

島崎氏と外部専門家4人による調査団は丸一日かけ、2、3号機の間をほぼ南北に走る「F−6破砕帯」を調べた。午前中は、敷地北端の「台場浜」付近 に関電が掘った深さ約5メートルの溝(トレンチ)=図中のA=に入って、地層の断面を確認。午後は1、2号機北側の山中のトレンチ=同B=で、F−6破砕 帯を直接見て確認した。長さを確認したりするため、延長部分と想定される場所=同C=も調べた。 台場浜付近のトレンチでは、関電があると想定していた場所にF−6破砕帯がないことが判明。調査団メン バーで、活断層の危険性を早くから指摘していた渡辺満久・東洋大教授は「関電のこれまでの想定とは別の場所に破砕帯があった」と指摘した。そのうえで「活 断層かははっきりしないが、否定できない」と述べた。

島崎氏は2日の会見で、「一番大事なのは大飯原発の 安全性。その基本に立ち返って議論する。日曜日(4日)に私の判断を伝える」と語った。また、調査団メンバーの広内大助・信州大准教授は「(関電の)解釈 では説明できないような部分も実際にあると感じた。もう少し必要な調査がいると提案したい」と述べた。【岡田英、畠山哲郎、松野和生】
全文は大飯原発:規制委が破砕帯調査 「活断層か否定できぬ」

♢ 関連記事:

原発と活断層 リスクと利便折り合いを via msn産経ニュース

その際に、安全優先の立場から「灰色」を「黒」と判定し、原発を片端から廃炉に追い込むような硬直した判断の愚は、あってはならないことである。

 

 

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. yukimiyamotodepaul says

    msn,産経ニュースにはあきれました。安全優先よりも大事なこととは、何でしょうか。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.