Skip to content


韓国・月城原発1号機がまた故障…今年4回目 via 中央日報

  今年11月に設計寿命が終わる慶尚北道慶州の月城原発1号機の発電が停止した。

韓国水力原子力(韓水原)月城原子力本部は「29日午後9時39分、月城1号機が正常運転中、タービン停止信号によって発電が停止した」と明らかにした。月城原発側は「現在、月城1号機の原子炉は安全な状態を維持している」とし「原因を詳細に確認中」と明らかにした。

(中略)

韓水原は月城1号機の10年延長運転を推進してきた。しかし環境団体と地域住民はこれに反対し、原発の閉鎖を要求している。

10月に入って故障で発電が停止した原発はこれで4基となった。今月2日には霊光5号機と新古里1号機が故障した。新古里1号機は 14日に再稼働したが、霊光5号機は13日に再稼働してから2日後にまた異常が発生し、24日に停止した。蔚珍2号機は28日、タービン制御系統の異常で 発電が自動停止した。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.