Skip to content


石原知事「原発存続が重要」 福島第1を視察 via 日本経済新聞

東 京都の石原慎太郎知事は24日、東京電力福島第1原子力発電所を視察し、原発存続が重要との考えを改めて訴えた。石原知事は9月、日本原子力研究開発機構 の高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)も視察しており、エネルギー政策の柱の一つとしての原発の必要性を精力的にアピールしている。

 視察には石原知事のほか、茨城県の橋本昌知事や群馬県の大沢正明知事も参加した。石原知事らは原発を監視する免震重要棟で現状説明を受けた後、東電の広瀬直己社長の案内でバスの中から1~4号機や5、6号機を視察した。

 石原知事は福島第1原発事故については「補助電源の設置場所を誤り、水素爆発を起こしたことは大きな反省点」と指摘したうえで「開発した技術体系を放り出すのは愚かだと思う」と述べた。東電の広瀬社長は「激励と感謝の言葉をいただき、職員一同励みになった」と話した。

続きは 石原知事「原発存続が重要」 福島第1を視察

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. yukimiyamotodepaul says

    原発事故後、早いうちに水を飲むパフォーマンス(これは多くの人に水俣事件を思い出させましたが、石原氏は水俣に関しても、無神経な発言をしています。)をしていた石原氏は、開発した技術体系が明らかに人体に悪影響を及ぼしていることはどうお考えか。それを放り出すことは「愚か」ではなく、存続の方が余程「愚か」ではないのか。隣国に対しても差別的発言を繰り返し、恐怖を煽る氏が、実際に多大な(取り返しのつかない)被害を与え、これからも与え続けるであろう原発には恐怖を覚えない矛盾。日和見主義、拝金主義の極み。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.