Skip to content


経団連会長 泊原発運転再開を via NHKニュース

経団連の米倉会長は23日、札幌市で記者会見し、冬場の北海道は夏以上に電力需給が厳しくなり、電力が不足するおそれがあるとして、できるだけ速やかに北海道電力の泊原子力発電所の運転を再開するよう、政府に求める考えを示しました。

この中で米倉会長は、「北海道の冬は寒さの厳しい環境にあり、いったん停電してしまうと人命に関わ るような事態になりかねない。そういう事態を絶対に起こしてはならない」と述べ、できるだけ速やかに泊原発の運転を再開するよう政府に求める考えを示しま した。また、米倉会長は「エネルギーが国民生活や企業活動にとって極めて重要なインフラだということを考えれば、関西電力大飯原発の運転再開のときのよう に、政府が判断すべきだ」と述べ、原発の運転を再開する際には政府が責任を持って判断すべきだという考えを示しました。

全文は 経団連会長 泊原発運転再開を

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. kojimaaiko says

    米倉氏もある意味見事なほどにぶれません。北海道の冬と人命の間をとりなすのが原発という発想は非論理的であるばかりでなく、極寒の中紡がれてきた生活の歴史、そして現在北海道において節電、反原発運動に取り組んでおられる方々への冒涜ではないでしょうか。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.