Skip to content


【私論 エネルギー・環境戦略 日本への期待、現状と課題】豊かな資源活用に協力を  モンゴルのオスゴンバータル氏 via 47 News

東京電力福島第1原発事故後、風力や太陽などの再生可能エネルギーが、原発に代わる重要なエネルギー源として注目され、企業や地方自治体にさまざまな動きが出ている。世界的に急拡大するその現状や課題、日本への期待などを米国、欧州、アジアの3人の専門家に聞いた。
豊かな石炭や石油などの地下資源が注目されるモンゴル。だが、同国立再生可能エネルギーセンターのオスゴンバータル・ジャンバルジャムツ所長は、モンゴルは再生可能エネルギー資源も豊かで、アジア諸国への貢献が可能だという。

―モンゴルの再生可能エネルギー資源は。

「国土が156万平方キロ余りと広く、人口密度が小さいモンゴルは、風力や太陽光といった地上のエネルギー資源もとても豊かだ。環境への影響が大きく、やがては枯渇する地下資源だけでなく、枯渇しない地上の資源にも注目してほしい」

―具体的には。

「米国の研究機関の試算ではモンゴルの風力発電の可能性は11億キロワット余りと膨大で、日本の10倍近く、中国の資源量に匹敵する。特に中国国境に近い南部の資源が豊かだ。ゴビ砂漠の周辺は風力だけでなく、太陽光の資源も豊かで、世界有数の規模と適地を持っている」

(中略)

―日本への期待は。

「中国も潜在的なパートナーだが、私は日本の技術力や資金力に注目している。ソフトバンクの孫正義(そん・まさよし)社長が、モンゴルから中国、 韓国などを経て日本まで送電網を建設する構想を打ち出したが、これは夢物語ではないと思う。モンゴルには、日本などのアジア各地の大消費地に電力を供給で きるだけの潜在力がある。資源をめぐって不安定化している東アジアの平和構築にも貢献できる」(聞き手 共同通信編集委員・井田徹治)

全文は【私論 エネルギー・環境戦略 日本への期待、現状と課題】豊かな資源活用に協力を  モンゴルのオスゴンバータル氏

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.