Skip to content


原発のまち(2)繁栄/特需で変貌、所得急増via 河北新報

<食材まとめ買い>
 1964~65年ごろのことだという。福島県大熊町議会の議長や町商工会長を務め、現在、会津若松市の仮設住宅で暮らす川井利治さん(78)が「初めて原発の恩恵を感じた」と言う出来事があった。
[...]
「巨大産業」が突然出現した大熊町の変貌ぶりは、数字にくっきり表れる。
 原発建設前の65年、平均所得は年間11万1000円(県平均15万7000円)で、福島県内で下から7番目。原発稼働後の80年には県内トップの339万4000円に跳ね上がった。県平均は148万3000円だから、その2倍を超える裕福な町になった。
[...]
4号機が運転を開始して約半年後の79年3月、米国でスリーマイル島原発事故が起きた。32年後の福島第1原発事故と同様に、炉心溶融(メルトダウン)を伴う過酷事故だった。
 世界を震撼(しんかん)させた最初の原発事故だったが、それでも町民の意識にはさして影響しなかった。
 鮮魚店から仕出し料理に商売を広げ、順調に利益を上げていた川井さんが振り返る。
 「人口も仕事も増え、町は潤った。原発反対を叫ぶ人は、町の発展の邪魔をしているとしか思えなかった」

続きは原発のまち(2)繁栄/特需で変貌、所得急増via 河北新報
◇関連記事はこちら

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.