Skip to content


地球温暖化は史上最大の詐欺事件?再生可能エネルギーを再考しよう。via J-Cast News

(抜粋)

2011年の震災以降、「原子力発電=危険」という認識が一気に強まり、日本国内のみならず、世界各国が今後の電力取得方法に関する話題で持ちきりとなっ ています。ドイツでは、原子力発電を全面廃止する選択をし、日本でも、いわゆる、再生可能エネルギーへと転換する風潮が熱を帯びています。

しかし、太陽光発電や風力発電には解決すべき問題がまだまだたくさんあること、経済大国であり、夜も眠らぬ街をいくつも抱える日本の電力をそれらの再生可能エネルギーで十分に賄うことができない恐れがあることをお気づきの方も多いと思います。

さて、そんな再生可能エネルギーに注目が集まる中、原子力発電の代替電源として、最も有力であるはずの火力発電という選択肢が浮上しないのはなぜでしょうか?

その答えは簡単。

“火力発電は二酸化炭素を大量に排出し、地球温暖化を促進する悪いもの”
という認識を、日本人の誰もが持っているからです。

ここで、ちょっと考えていただきたいことがあります。
できれば、固定観念をできるだけ捨てて考えていただきたいと思います。

そもそも、地球温暖化の原因は、本当に、二酸化炭素なのでしょうか・・・?

全文は 地球温暖化は史上最大の詐欺事件?再生可能エネルギーを再考しよう。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.