Skip to content


赤塚真人「リアルで身近な問題」新潟・巻町舞台の“反原発”映画製作へ via スポーツ報知

住民投票により原発建設の中止を実現させた新潟・巻町の戦いを描く映画「渡されたバトン~さよなら原発」(池田博穂監督)の製作発表が24日、都内で行われた。  “反原発”がテーマだが、主演の俳優・赤塚真人(61)は「僕は茨城の日立生まれ。東日本大震災で友人も亡くしたし、リアルで身近な問題なので」。宍戸開(45)も「この仕事をやることで、今後何か影響があるかもということは考えていないですね」と意欲を燃やしていた。

続きは赤塚真人「リアルで身近な問題」新潟・巻町舞台の“反原発”映画製作へ

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.