Skip to content


除染後も帰還困難水準に モデル事業最終結果 via 朝日新聞デジタル

東京電力福島第一原発の事故に伴い、住民が避難した福島県の11市町村の15カ所で国と日本原子力研究開発機構が進めた除染モデル事業の最終結果がまとまった。線量が最も高い地区では、作業後も年間50ミリシーベルト超の「帰還困難区域」の水準にとどまった。

続きは有料サイト除染後も帰還困難水準に モデル事業最終結果

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.