Skip to content


森の汚染:野生猿で線量計測 首に装置付け1カ月後回収 via 毎日jp

東京電力福島第1原発事故で放射性物質に汚染された森林の実態を明らかにしようと、野生の猿を利用した汚染マップ作りを高橋隆行・福島大教授(ロ ボット工学)が計画している。高橋教授は「森林の汚染を調べるのは難しく、まさに神ならぬ、『猿のみぞ知る』だ。詳細な調査のために一役買ってもらう」と 期待を込める。福島県の7割を占める森林の汚染は、今も実態の把握が進んでいない。調査は、県鳥獣保護センターと共同で実施する。まず、旧計画的避難区域の飯舘村や警戒区域の浪江町など 汚染度の高い地域に生息する野生の猿を捕獲。猿の首に、線量計やGPS(全地球測位システム)などを備えた小型計測器を取り付けて山に放す。約1カ月間、 計測器に計測器に空間線量を記録した後、計測器を遠隔操作で取り外してデータを回収する。

続きは森の汚染:野生猿で線量計測 首に装置付け1カ月後回収

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.