Skip to content


混乱生々しく語る 第一原発の吉田前所長ビデオ公開 福島の講演会 via 福島民報

東京電力福島第一原発事故の収束作業を陣頭指揮し、食道がんのため昨年12月に退任した前福島第一原発所長の吉田昌郎氏(57)をインタビューしたビデオ映像が11日、福島市の福島テルサでの講演会で公開された。吉田氏は事故当時の発電所内の混乱を生々しく語るとともに、「体力が戻れば、また現場のために力を出したい」と復帰への意欲も示した。
 冒頭、県民に対して「発電所の事故で地元の人に迷惑を掛けている。おわびする。まだしばらく続くが、全力を挙げて復旧しているので理解してほしい」と謝罪した。さらに、「日本だけでなく世界の知恵を集めて(福島第一原発を)安定化させたいので支援をお願いしたい」と述べた。
 昨年3月14日に起きた3号機の水素爆発が最も衝撃的だったとし、「その時点では何が起こったか分からなかった。破滅的な事が起こっているんじゃないかと。自分も仲間も死んだっておかしくない状態だった」と当時の緊迫した様子を語った。その上で「最初、行方不明者が出たと聞いて、10人くらい死んだかもしれないと思った」と、自らの死も覚悟したことを明かした。

続きは 混乱生々しく語る 第一原発の吉田前所長ビデオ公開 福島の講演会

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.