Skip to content


チョウの羽や目に異常=被ばくで遺伝子に傷か-琉球大 via 時事ドットコム

東京電力福島第1原発事故の影響により、福島県などで最も一般的なチョウの一種「ヤマトシジミ」の羽や目に異常が生じているとの報告を、大瀧丈二琉球大 准教授らの研究チームが10日までにまとめ、英科学誌に発表した。放射性物質の影響で遺伝子に傷ができたことが原因で、次世代にも引き継がれているとみら れるという。

大瀧准教授は「影響の受けやすさは種により異なるため、他の動物も調べる必要がある。人間はチョウとは全く別で、ずっと強いはずだ」と話した。

続きはチョウの羽や目に異常=被ばくで遺伝子に傷か-琉球大

参考 The biological impacts of the Fukushima nuclear accident on the pale grass blue butterfly via Scientific Reports (英文)

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.