Skip to content


67年目の夏 via マガジン9

(抜粋)

それだけに、8月6日に放映されたNHKスペシャル「黒い雨〜活(い)かされなかった被爆者調査〜」は、衝撃的な内容でした。原爆投下直後に放射性物質 を大量に含む黒い雨が広い範囲にわたって降り、そして黒い雨にあたった人たちがどのような健康障害を起こしたのか、という実に13000人もの聞き取り調 査のデータが存在していたというのです。調査項目には、黒い雨にあたったか否かも含まれ、そしてその後、脱毛や発熱、だるさ、下痢、などなど急性被爆症状 についての問診がきちんとなされている模様でした。

調査したのは、アメリカの研究機関ABCCで、その研究を引き継いだ放射線影響研究所(放影研)がこれまでデータを保管していたそうです。なぜ、このよう な重要なデータがあることをこれまで誰も明らかにしてこなかったのか? 被爆医療に役立てなかったのか? 誰もが疑問に思うその答えは、やはりアメリカ大 統領アイゼンハワーが1953年に発表した核の平和利用演説にあり、放射線が人体に影響を及ぼすというデータがあってはその後のキャンペーンに都合が悪い ということだったのでしょう。核の平和利用は、原発の開発と普及です。日本はまんまとその戦略にのせられて、日本列島にくまなく原発をつくり、政財界は原 子力産業に乗っ取られてしまいました。福島の惨事はその結果起こったことです。

全文は67年目の夏

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.