Skip to content


フクイチの除染は東電社員専用スペースのみ 作業員は1年で7ミリ被曝 via 週刊朝日

(抜粋)
実は、2階なのだ。除染したのは2階だけなのだ。東電社貝の専用スペースである2階だけを除染し、作業員が利用する1階は、依然として高い汚染度のまま放置しているのだ。1階はどの程度汚染されているのか。放射線管理員が解説する。

「免震棟の1階に1〜2時間いるだけで、約0.03ミリ被曝します。1カ月に20日間働くと約0.6ミリ、1年で7.2ミリシーベルトも浴びてしまう計算です。そんな場所で食事や休憩をしなくてはならないなんて、バカげています」

別稿の冷蔵庫の件
でもわかるが、東電社員だけが恵まれた環境に身を置き、協力企業に属す作業員たちの環境は過酷なまま……。東電はこの現状に疑問を感じないのだろうか。

全文はフクイチの除染は東電社員専用スペースのみ 作業員は1年で7ミリ被曝

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.