Skip to content


東京新聞にJCJ大賞 原発事故で検証報道 via 47 News

日本ジャーナリスト会議(JCJ)は11日、優れたジャーナリズム活動に贈る本年度のJCJ大賞として、東京電力福島第1原発事故後、当局の発表に依存しない取材、検証を続けた「東京新聞特別報道部」の一連の報道を選んだと発表した。

JCJ賞には、沖縄防衛局長の「オフレコ」暴言スクープをはじめとする米軍普天間飛行場移設問題をめぐる琉球新報の報道などを選出した。
 このほかの受賞は次の通り。
 【JCJ賞】安田浩一(やすだ・こういち)さん=「ネットと愛国」▽日本テレビ、札幌テレビ、中京テレビ=NNNドキュメント12「行くも地獄 戻るも地獄~倉沢治雄(くらさわ・はるお)が見た原発のゴミ~」▽NPO法人OurPlanet―TV=市民目線で原発報道を検証した一連の活動
 【特別賞】「横浜事件・再審裁判=記録・資料刊行会」=「横浜事件・再審裁判3部作」

 
東京新聞にJCJ大賞 原発事故で検証報道

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.