Skip to content


東電「厳しい内容」=事故調報告に対応検討 via jiji.com

国会の事故調査委員会が公表した報告書について、東京電力の松本純一原子力・立地本部長代理は5日夕の記者会見で、「厳しい内容であり、足りない所、不十分な所があればきちんと対応したい」と述べた。
 ただ、福島第1原発に津波が到来する前に安全上重要な機器が地震で損傷した可能性については、社内事故調の報告書に基づき否定。「東電が原子力規制を骨抜きにする試みを続けてきた」などと指摘されたことについても、「報告書全体を読んでから回答したい」と述べるにとどまった。

東電「厳しい内容」=事故調報告に対応検討

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.