Skip to content


【福井】知事、原子力の必要性主張 via 中日新聞

県議会は五日、予算特別委員会を開き、十委員が質疑をした。鈴木宏治委員(民主・みらい)から、原発に対する考えを問われた西川一誠知事は「原子力に代わる新たな電源の展望がないのが現状で、日本経済にとって引き続き重要な基幹電源。頭だけで議論しては、現実的な解決にならない」と述べ、当面は原子力に頼る必要があるとあらためて主張した。
 一方で、使用済み核燃料の中間貯蔵引き受けはきっぱり否定。「蓄積された使用済み燃料は貯蔵量の限界に近づいている。野田佳彦首相には六月十六日の面談で、具体的な協議を始めるよう要請した」と述べ、政府に十分な対応を求めた。
 今後の原発の在り方も議論された。日本原子力発電敦賀3、4号機(敦賀市)の増設計画に対し、西川知事は「国が議論を主導しながら3、4号機を含め、責任ある見解を示すことが必要」とし、八月に国のエネルギー・環境会議が打ち出す方向性を注視する姿勢を見せた。

 
続きは 【福井】知事、原子力の必要性主張

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.