Skip to content


株主総会:関電「原発リスク説明不足」 橋下・大阪市長、急進的発言控え via 毎日jp

27日午前に始まった関西電力の株主総会。大阪、京都、神戸の3市が「脱原発」などを求めて株主提案し、筆頭株主である大阪市の橋下徹市長はじめ、3市のトップが出席し、質問に立った。今月16日には政府が大飯原発3、4号機(福井県)の再稼働を決定したばかり。原発の是非は、電力供給体制の在り方は−−。会場となった大阪市北区のホールには過去最多の3825人(午後1時現在)が出席。会場外にも多くの市民グループが詰めかけ、熱気と緊張感に包まれた。

 「衰退産業が歩んだ道を今、関西電力は歩んでいる。将来のリスク説明が不十分だ」

続きは 株主総会:関電「原発リスク説明不足」 橋下・大阪市長、急進的発言控え

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.