Skip to content


山口知事選に飯田氏立候補へ via 中国新聞

NPO法人「環境エネルギー政策研究所」所長で、大阪府市特別顧問の飯田哲也氏(53)が、7月12日に告示される山口県知事選に立候補する意向を固めたことが11日、分かった。複数の関係者が明らかにした。

 飯田氏は周南市出身。京都大工学部を卒業し、2000年に環境エネルギー政策研究所を設立、再生可能エネルギーの導入、拡大を主張している。中国電力の上関原発建設計画に反対する山口県上関町祝島で、自然エネルギーで島の電力自給を目指す取り組みを支援するなどしている。

 民主党山口県連が飯田氏の擁立を進めていたが、飯田氏は5月中旬に「政党とは組まない」と断っていた。

 飯田氏は9日、佐賀市で取材に応じ「全く白紙。いまは原発の再稼働問題や国のエネルギー戦略など課題が山積し、とにかく自分がやるべきことをやっていく」と話すにとどまっていた。

 山口県知事選には、自民、公明が推薦する元国土交通省審議官山本繁太郎氏(63)と、民主党の高邑勉衆院議員(38)=比例中国=がそれぞれ無所属での出馬を表明している。

山口知事選に飯田氏立候補へ

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.