Skip to content


外食企業 食の安全、より敏感に 放射性物質、自主検査増える via 日本経済新聞

日本経済新聞社は2011年度の飲食業調査をまとめた。原発事故などで「食の安全・安心」への消費者意識が高まっていることを受け、食材の生産・流通履歴 の追跡管理を徹底していると回答した企業が5割を超えた。過去1年以内に放射性物質の自主検査を実施、もしくは今後実施予定の企業も4分の1以上に上る。 安全対策が飲食店運営の課題となっていることを浮き彫りにした。

続きは 外食企業 食の安全、より敏感に 放射性物質、自主検査増える

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.