Skip to content


福島原発4号機建屋の壁に膨らみ 保安院が耐震性評価を指示 via 東京新聞

東京電力は25日、福島第1原発4号機の原子炉建屋の壁面の一部に、水素爆発でできたとみられる膨らみが見つかったと発表した。東電は「建屋全体や使用済 み燃料プールへの影響は少ない」としているが、経済産業省原子力安全・保安院は、東電に対し、建屋を詳細に調査し、壁面の安全性や建屋全体の耐震性を評価 するよう指示した。

続きは福島原発4号機建屋の壁に膨らみ 保安院が耐震性評価を指示

Posted in *日本語.


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.