Skip to content


玄海原発停止で18億円損失 唐津上場商工会試算 via 西日本新聞

(抜粋)

試算は全4基で定検が行われた2010年度の実績と国の統計調査を基に、地元に落ちる作業員の宿泊代、食事代を算出。それによると、宿泊者は年間延べ23万4千人減り、約12億6千万円の損失となり、食事代も約5億5700万円減ると見込んでいる。

また、日当9千円とした場合、作業員の給与約16億4500万円も失われるとしている。

試算結果について、同商工会の古賀和裕会長は「原発に頼った経営方針を考え直すべきだ」と指摘。玄海町の岸本英雄町長は「原発停止で地域経済が疲弊している証拠。安全性確保を大前提に、早期の再稼働が必要だ」と話した。

全文は玄海原発停止で18億円損失 唐津上場商工会試算

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.