Skip to content


がれき撤去:力仕事助けて…ボランティア不足、南相馬 via mainichi.jp

東京電力福島第1原発事故の警戒区域が4月に解除された福島県南相馬市で、がれき撤去などにあたるボランティアが不足している。震災から1年以上たち、ボ ランティアが減少している上、「力仕事」よりも仮設住宅での交流活動などに支援内容が移りつつあるためとみられる。住民からは「がれき撤去にようやく取り 掛かった地域があることを知って」との声が上がっている。【福島祥】

続きはがれき撤去:力仕事助けて…ボランティア不足、南相馬

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.