Skip to content


敦賀原発、立地不適格か 直下の断層、動く可能性 via 東京新聞

福井県敦賀市の日本原子力発電(原電)敦賀原発の直下を通る断層の一種「破砕帯」に関して、専門家でつくる経 済産業省原子力安全・保安院の意見聴取会は二十四日、現地調査し「敷地内を通る活断層の浦底(うらぞこ)断層の活動に引きずられて動く可能性が高い」とし て原電に追加調査を求めた。破砕帯が動く危険性が確認されれば、原発立地の適性を欠き、廃炉になる可能性がある。

破砕帯は敦賀原発敷地内に約百六十本あり1、2号機の原子炉真下にも走っている。

続きは敦賀原発、立地不適格か 直下の断層、動く可能性

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.