Skip to content


原発避難民「働かず、パチンコ店満員」 福島県いわき市長の「正直発言」が波紋 via J-Cast News

「東京電力から賠償金を受け、多くの人が働いていない。パチンコ店もすべて満員だ」。福島県いわき市の渡辺敬夫市長が、原発事故で市内に避難してい る人たちについて記者団にこう述べたと、地元紙に報じられた。これに対し、避難民側の町役場では、働かないのには事情があると説明している。週刊誌などで報道されていたことを、渡辺敬夫市長がある程度認めた形になった。

(中略)

渡辺市長らの指摘について、大熊町の災害対策本部では、こう説明する。

「4、50歳以上になると、ほとんど仕事がないんですよ。アルバイトぐらいしかないのに、働けば、失業保険も切られてしまいま す。これでは、生活費が出ない人が多いんです。パチンコの話は確かに聞きますが、ほかに何もできないこともあるのでは。やはり、国には、新たな就業の場を 作るなど被災者対策をしっかりやってほしいですね」

全文は原発避難民「働かず、パチンコ店満員」 福島県いわき市長の「正直発言」が波紋

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.