Skip to content


陜川(ハプチョン)非核・平和大会・世界核被害者証言集会スピーチ全文 via 早尾貴紀:原発震災関連

韓国「2012 陜川(ハプチョン)非核・平和大会」世界核被害者証言集会(3月24日)での早尾のスピーチ(若干の加筆訂正)。

私は、昨年3月の福島原発の爆発ですぐに故郷を棄て去った人間です。福島県に生まれ育ち、そのすぐ隣の宮城県で暮らし、東北地方の福島・宮城から出たこと がありませんでしたが、そのいずれの故郷にも戻るつもりはありません。被災時7歳だった子どもが一人ありますが、原発の爆発とともに、「ここには二度と 帰ってこれないよ」と言って、わずかな玩具と着替えだけをカバンに詰め込ませて、故郷を離れました。震災から一年、一度も福島の実家には連れていっておら ず、私の両親、つまり彼の祖父母に会わせていないのです。さらに半年ものあいだ、わずか7歳の子どもを、一人関西の里親さんのところに疎開させ、そしてい まは、これまで何の縁もなく旅行でも行ったことのなかった山梨県に移住し、子どもを関西から呼び寄せました。しかし、朝目覚めると、自分がどこにいるのか 混乱し、山梨で生活しているということにまだ現実感が持てないでいます。現実感がともなわないほどのスピードでこの一年、状況が激変してしまっています。

続きは陜川(ハプチョン)非核・平和大会・世界核被害者証言集会スピーチ全文

・Hapcheon Anti-Nuclear & Peace Festival

韓国・陜川平和大会が開幕 via 中国新聞

 

Posted in *English, *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.