Skip to content


新古里原発2号機、試運転中に停止 via Chosun online

原因は給水ポンプの異常、冷却装置は稼働中

試験稼働中だった新古里原子力発電所2号機が、部品の故障で23日に稼働をストップした。韓国水力原子力(韓水原)は「今年下半期に稼働を控えている新古里原発2号機が23日午後8時19分、蒸気発生器の給水ポンプ異常により停止した」と発表した。新古里原発2号機は昨年12月2日から試験稼働に入り、故障は3月4日に続いて2度目だという。

給水ポンプは蒸気発生器に水を送る装置で、水が原子炉の熱を受け蒸気になり、発電用タービンを回す。韓水原は「主給水ポンプは停止したが、補助給水ポンプが動いており、原子炉を冷やしているため、安全性には問題ない」と発表した。

続きは新古里原発2号機、試運転中に停止

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.