Skip to content


インド 原発反対で一時身柄拘束 via NHK NewsWeb

(抜粋)

インド南部のタミルナド州にあるクダンクラム原子力発電所では、去年の秋に運転開始を予定していましたが、東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて、ハンガーストライキなど住民の反対運動が広がっています。
23日も、原発の建設に反対する政党の支持者や住民が、集会を開くために別の町で集まっていたところ、500人余りが警察に一時、身柄を拘束されました。
警察では混乱を未然に防ぐためだったとしていますが、原発反対の運動で500人が一度に拘束されたのはこれが初めてで、当局が反対運動の拡大に神経をとがらせていることがうかがえます。

全文はインド 原発反対で一時身柄拘束

◇ 当サイト既出関連記事:

SUPPORT INDIAN PROTESTORS! CLOSE KUDANKULAM REACTORS–BEFORE THEY OPEN! via Nuclear Resource and Information Service

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.