Skip to content


ロシアの専門家が福島事故後の日本側対応に苦言 「価値ある協力」が行われていない via msn.産経ニュース

ロシア科学アカデミー原子力エネルギー安全発展問題研究所のボリショフ所長はタス通信に対し、福島第1原発事故後、日本と各国の原発関係者の「価値ある協力」が行われていないと述べ、日本側の対応に苦言を呈した。同通信が17日伝えた。所長は、日本の政治家や官僚らは「(事故後)世界中を回ったが、それらは形式的なものだ」と指摘。また、旧ソ連で1986年に起きたチェルノブイリ原発事 故の教訓を日本が生かさなかったのは「システム上の誤り」と強調。「日本は、スタッフの規律が高いためチェルノブイリのような過ちを繰り返す可能性はない と決め付けていた。結果的に、深刻な事故の際、何をするべきか学ばなかった」と述べた。

続きはロシアの専門家が福島事故後の日本側対応に苦言 「価値ある協力」が行われていない

 

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.