Skip to content


ロス近郊で高濃度セシウム検出 半世紀前の溶融事故跡 via 47news

【ロサンゼルス共同】1959年に実験用原子炉で燃料溶融事故を起こ した米ロサンゼルス近郊の核施設「サンタスザーナ野外研究所」の跡地でこのほど、最高で米環境保護局(EPA)が基準とする濃度の千倍近い土壌1キログラ ム当たり約7300ベクレルの放射性セシウムが検出されたことが8日、分かった。

続きはロス近郊で高濃度セシウム検出 半世紀前の溶融事故跡

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.