Skip to content


仮設住宅の高齢者「やることねえ。生き甲斐ない…」via msn.産経ニュース

ざっくざっく…。福島市西部にある「上名倉1号公園仮設住宅」で、お年寄りの男性が道に積もった雪をスコップでかきだしていた。高齢のためか、動きがぎこちない。ひざを曲げず、上半身だけで雪を持ち上げる姿はつらそうだ。

東京電力福島第1原発事故のため故郷の双葉町を離れ、この仮設で独り暮らしをしている高田国男さん(85)はやや苦しそうに話し始めた。「情けねえが、脚 がうまく曲がんねえんだ。双葉にいたころは畑でハクサイやダイコン、タマネギなどを作っていたが、仮設に入ったらやることがねえ。生きがいもなく、体もな まっちまった」

脚が思うように動かなくなったのは仮設入居後だ。ひとたび横になってしまうと立ち上がるのがつらくなるため、いすの上で寝起きしている。それでも、「年寄りが多いし、夜に雪が凍ると危ないから」と雪かきをしているという。

高田さんは手を休めて腰を伸ばすと、寂しそうにつぶやいた。「この写真を見るたびに泣けてくるんだ。もう帰れねえんだって…」

続きは仮設住宅の高齢者「やることねえ。生き甲斐ない…」

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.