Skip to content


柏崎刈羽原発5号機建屋で発煙 定検中、外部漏れは未確認 via 東京新聞

25日午後11時35分ごろ、定期検査中の東京電力柏崎刈羽原発(新潟県柏崎市、刈羽村)5号機の熱交換器建屋で煙が発生し、火災報知機が作動した。東電によると、外部への放射性物質漏れは確認されていない。地元消防が出動したが、煙だけで火は確認していないという。
 東電によると、原子炉に燃料はなく、使用済み燃料プールに全燃料が入っている。
 煙が出たのは、原子炉の冷却に使う熱交換器の配管腐食を防ぐための鉄イオンを注入するポンプの軸受け部分。ポンプは作動していた。
 5号機の出力は110万キロワットで、1月下旬から定検入りしていた。

柏崎刈羽原発5号機建屋で発煙 定検中、外部漏れは未確認

Posted in *日本語.

Tagged with .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.