Skip to content


「放射能いじめ」に傷つく親子 福島に帰れない生活で高まる孤立感と無力感 via Japan Business Press

(抜粋)

群馬県に避難してきて、4月から地元の小学校に通い始めた時。小5の娘が同級生にこう言われた。「お前、放射能から逃げてきたんだろ?」

「そうだよ」

「近寄るな~!」

そう言われたというのだ。

話を聞いて木下さんは怒り狂った。

「バッカじゃないの!」「どうせ男でしょ、そんなこと言うの!」

相手の親や学校には抗議したのだろうか。していない、と木下さんは言った。

「その話を聞いて、私も疲れ果ててしまいました」

(中略)

「どうしてテレビは『福島』第一原発事故って言うんでしょうね。福島は何も悪いことをしてないのに。ちゃんと『東京』電力って言ってほしい」

全文は「放射能いじめ」に傷つく親子 福島に帰れない生活で高まる孤立感と無力感

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.