Skip to content


原発村「除染利権」を2万ベクレルの汚染ミミズが後押し via spotlight japan

(抜粋)

川内村で2万ベクレルのミミズ

その川内村について、帰村宣言を揺るがす調査結果が発表された。昨年8月~9月に同村で採取されたミミズから2万ベクレル/kgのセシウムが検出されたことが、6日にわかった。

調査を行ったのは、森林総合研究所(茨城県つくば市)の長谷川元洋主任研究員(土壌動物学)ら。

土壌の汚染度が高い地域ほど、ミミズのセシウム汚染も高濃度になることがわかった。

ミミズは鳥やイノシシなどの餌になるため、食物連鎖を通じて、セシウム汚染が蓄積する可能性があるという。

全文は原発村「除染利権」を2万ベクレルの汚染ミミズが後押し

◇ 関連記事:

ミミズから放射性セシウム2万ベクレル/kg 食物連鎖で蓄積する可能性も

Posted in *English.


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.