Skip to content


クローズアップ2012:原発隣接地から避難校に遠距離通勤 「兼務」先生390人、疲弊via 毎日jp

東日本大震災の東京電力福島第1原発事故で、避難した児童・生徒を受け止めてきた教育現場が疲弊している。福島県内では原発隣接地の教師が自校の子供たちの避難先学校に「兼務辞令」で赴任したが、二重生活・遠距離通勤の負担がのしかかる。また、多くの避難者を受け入れる新潟市と山形市、山形県米沢市は、将来の財政負担を危惧。国に支援継続を申し入れる予定だ。震災発生から10カ月。緊急対応から長期的支援にいかにつなげていくかが問われている。

続きはクローズアップ2012:原発隣接地から避難校に遠距離通勤 「兼務」先生390人、疲弊

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.