Skip to content


スパコン京で地震・津波予測…「想定外なくす」 via 読売新聞

世界最速のスーパーコンピューター「京」を活用し、巨大地震・津波の複合災害を総合的に予測するシステム開発に、東京大学地震研究所が今年4月から乗り出す。

 震源域ごとに約1000通りの巨大地震・津波の発生パターンを分析し、精緻な被害想定や住民の避難につなげる。

 同研究所は「想定外を無くす」ことを目指し、「巨大地震津波災害予測研究センター」を今年4月に発足させる。ここで地震・津波の発生や建物被害、避難状況など、従来はデータ量が多すぎるために別々に行っていた分析を統合し、より現実に近い予測システムを構築する。具体的には、個々の建物の形状や構造のデータなども「京」に入力し、地域全体の建物被害を計算。揺れで建物が倒れ、道路が不通になった場合なども想定して、津波襲来時の住民の避難予測にも反映させる。

(2012年1月5日03時00分 読売新聞)

続きは:スパコン京で地震・津波予測…「想定外なくす」

Posted in *日本語.


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. mfisch says

    As if it were only a question of data and calculation.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.