Skip to content


中間貯蔵施設めぐり協議 福島知事と双葉郡首長 via 日本経済新聞

除染によって発生する放射性物質で汚染された土壌などを保管する中間貯蔵施設をめぐり、国が福島第1原子力発電所を抱える福島県双葉郡内への設置を要請したことについて、同郡8町村の首長らは5日、県庁で佐藤雄平知事と今後の対応を協議した。

 8町村の中には「原発の近くに造るほかない」と郡内への設置に理解を示す首長がいる一方で、第1原発が立つ双葉町の井戸川克隆町長が「(避難住民が)さらに住めなくなるような施設の設置は許せない」と反発するなど意見がまとまっていない。国との交渉を控え、まずは県との連携を確認する考え。

 細野豪志環境相は先月28日、国が高線量地域の土地を買い上げるなどして中間貯蔵施設を設置したいとの意向を地元に伝え、協力を求めていた。〔共同〕

中間貯蔵施設めぐり協議 福島知事と双葉郡首長

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.