Skip to content


東日本大震災:暮らしどうなる? チェルノブイリの経験から 内部被ばく減らす食事を via 毎日新聞

チェルノブイリ原発事故が起きたウクライナで、内部被ばくの一番の原因は、放射性物質で汚染された食品の摂取だった。ウクライナで事故以来25年間、子どもの健康調査を続ける医学博士、エフゲーニャ・ステパノワさんに、被害の実態と大人ができることを聞いた。

続きは 東日本大震災:暮らしどうなる? チェルノブイリの経験から 内部被ばく減らす食事を

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.