Skip to content


【歴史科学講座】「歴史学は災害にどう向き合ってきたのか」

2011年度 東京歴史科学研究会 歴史科学講座

「歴史学は災害にどう向き合ってきたのか」

報告者:成田龍一氏

「災害史の構想力と可能性をめぐって―3.11 の経験をへて」(仮)

報告者:北原糸子氏

「理系災害学と文系災害史研究」

【講座概要】

東日本大震災と原発事故は歴史学に大きな影響を与え、災害史研究に注目が集
まっています。

しかし、歴史学はこれまで、過去および同時代の災害にどのように向き合い、そ
こから歴史認 識

を深めるどのような学問的営みを行ってきたのでしょうか。今回の歴史科学講座
は、震災を機 に

生じた歴史認識の変化をふまえつつ、これまでの歴史学における災害史研究のあ
り方につい て、

史学史的観点から歴史学の自己点検を試みます。 成田龍一氏には史学史におけ
る災害史について、

北原糸子氏には災害史研究者としての立場から、上述のテーマについてそれぞれ
ご講演をいた だきます。

【日時】2012年1月29日(日)13:00~

(戸山キャンパス正門前集合:12:45)

【会場】早稲田大学戸山キャンパス36号 館681教室

【参加費】600円

※当日は入構制限のため、戸山キャンパス正門前に12:45にお集まりください。会
場までご案内いたします。

遅れてご参加の方は、090-9828-1172ま で当日お電話下さい。係の者がご案内に
伺います。

【問い合わせ】東京歴史科学研究会 TEL/FAX 03-3949-3749

〒114-0023 東京都北区滝 野川2-32-10-222(歴科協気付)

e-mail:torekiken@gmail.com URL: http://www.torekiken.org/

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.