Skip to content


福島第1原発の国有化を=実態解明のため―鳩山元首相らvia asahi.com

 東京電力福島第1原発事故で、鳩山由紀夫元首相と衆院科学技術・イノベーション推進特別委員会委員の平智之議員は、東電と経済産業省原子力安全・保安院の事故分析を疑問視し、実態解明には同原発を国有化して独立した立場の科学者らが調査する必要があると15日付の英科学誌ネイチャーに寄稿した。

 鳩山元首相らは、原子炉で溶融燃料が再び核分裂連鎖反応を起こす「再臨界」が起きていないかはっきりしないと指摘。原子炉圧力容器から格納容器に落下した溶融燃料は、コンクリート床を一部侵食するにとどまったとの東電推定についても、侵食の程度は明確でなく、格納容器を貫通している場合は地下水が汚染されるとの見方を示した。

続きは 福島第1原発の国有化を=実態解明のため―鳩山元首相ら

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.