Skip to content


子どもの内部被ばく 尿検査の申し込みが殺到 一関 via 河北新聞

福島第1原発事故を受け、岩手県が始めた4~15歳の子どもの内部被ばくを調べる尿検査で、一関市の申込者が定員36人に対し2344人と65倍に上った。同市は比較的高い空間放射線量が計測されており、不安に思う保護者が多かったとみられる。

県医療推進課は「希望者全員を対象とするよう要望もあるが、検査は放射線の影響を統計的に把握するのが狙い。検査態勢にも限界がある」と理解を求める。

続きは 子どもの内部被ばく 尿検査の申し込みが殺到 一関

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. norma field says

    まず、我が子の検査を希望する保護者が殺到したことに驚くほうがおかしくないだろうか。それから「検査は放射線の影響を統計的に把握するのが狙い。」とくると、まるで広島・長崎のABCC体制ではないだろうか。統計のために検査はするが治療する意図は全くない、という。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.