Skip to content


福島第1原発:損保各社、契約更新しない方針 リスク高く via mainichi.jp

原発の損害賠償保険の引き受けのために損害保険23社でつくる「日本原子力保険プール」が、来年1月に期限を迎える東京電力福島第1原発の保険契約を更新しない方針を固めた。同原発の事故は収束に向かっているが、依然としてリスクが高いと判断した。無保険状態となると事故収束や廃炉に向けた作業に影響が出かねず、東電と賠償を担当する文部科学省は保険と同額を供託するなど代替の対応策の検討を始めた。

原子力損害賠償法(原賠法)は、電力会社など原子力事業者に2種類の「保険」に加入するよう義務づけている。一つは政府の原子力損害賠償補償契約で、津波や地震など災害が原因の事故が起きた場合に政府が補償する制度。今回の事故に適用され、東電は既に1200億円を受け取った。

続きは 福島第1原発:損保各社、契約更新しない方針 リスク高く

 

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.