Skip to content


危険実感 遠い安定 福島第一作業員が語る建屋内数時間で被ばく限度 政府発表に違和感 via 東京新聞

復旧作業が進む東京電力福島第一原発。作業員に義務づけてきた全面マスクの着用を八日から一部緩和するなど、自己収束が順調に進んでいるとアピールする動きが加速している。原発内のがれきはかなり片付き、放射性物質の放出も落ち着いてきたものの、現場は依然、危険と隣り合わせ。建屋内の各所では高い放射線が飛び、暗く足場も悪い。その生々しい様子を男性作業員が語った。(片山夏子)

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.