Skip to content


ビアンカ・ジャガーさんが福島産を食べることを愛国行為としていることや汚染ガレキの拡散に疑問を呈した via Merx

英ロックバンド、ローリング・ストーンズのボーカルのミック・ジャガーの元妻で、ビアンカ・ジャガー人権財団の創立者として社会活動に取り組んでいるビアンカ・ジャガーさんが11月2日、ロンドンの日本大使館に福島原発事故問題の対応に関する請願書を手渡した。
福島原発震災の被害に苦しむ日本の母親に代わって届けたという手紙の中でジャガーさんは、3月11日の前に放射線基準に従って対象区域から避難させるべき と主張するとともに、福島産の食物を食べることを愛国的な行為としていることや日本政府が公然とに放射性物質を広げていることに疑問を呈し、日本政府が進 めている汚染されたガレキの拡散および焼却を通じての放射能汚染の拡散行為について止めるよう要望した。
東京都が、岩手県からの瓦礫の受け入れを決めたことについて触れ、
岩手県庁が、ガレキが放射性物質の133bq/kgを含むことを示したことについて、
「その値は3月以前の基準では不法だったでしょう。しかし、日本政府は2011年7月に100bq/kgから8000bq/kgに、10月に10,000bq/kgにまで瓦礫の安全基準レベルを引き上げた。」
と指摘。
日本政府のこれらの措置による影響について正確に思索するのは難しいが、環境上の冒険であることは否定することができないとして、
日本政府が汚染地区からのガレキを広げ、焼却することを止めるよう要求している。

続きはビアンカ・ジャガーさんが福島産を食べることを愛国行為としていることや汚染ガレキの拡散に疑問を呈した

◇ 手紙原文:

The letter I delivered on behalf of the Japanese mothers that live in fear of radioactive exposure from the Fukushima disaster, to Japanese Ambassador via TwitLonger

Posted in *English, *日本語.

Tagged with , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.