Skip to content


「安全宣言」の福島産米、学校給食利用 警戒なお解けず via 河北新報

(抜粋)
給食会が、福島県内59市町村のうち、同会を通じてコメを購入し、小中学校で利用している48市町村に本年産のコメについて希望を聞いた。
放射性セシウムの量では、「暫定基準値(1キログラム当たり500ベクレル)以下」と「不検出」のどちらを希望するか聞いたところ、大半の約70%は不検出と答えた。
産地についても「地元市町村」「地元以外の県内」「県外」のいずれかを選んでもらったら、県外産米を希望する自治体もあったという。
給食会からコメを購入している福島市は「出荷が許可された以上は、市内産を使う」(市教委保健体育課)という方針。ただ、県が「安全宣言」を出した今月12日以降も、保護者から「県産米は使わないで」といった要望が寄せられているという。
福島市は、給食用のコメを独自に検査して、安全性をさらに確認する。

全文は「安全宣言」の福島産米、学校給食利用 警戒なお解けず

 

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.