Skip to content


福島原発「局所的臨界」を読み解く 専門家「最悪を想定すべき」via 47 News

(抜粋)

この溶け落ちた燃料の一部の箇所で、今回「一時的に小規模な臨界」が起きた可能性が出てきたわけだ。小規模臨界が起きたとすれば、どういう原因が考えられるのか。単純化すると、「水の温度(密度)が、核分裂に適した状態になった」などの条件が重なったためではないか、ということのようだ。

「楽観論に立たず、最悪を想定すべきだ」

東京都市大の本多照幸教授(原子力環境工学)に「キセノン135などの検出が事実なら」という仮定の上で話をきいた。

大規模な臨界が起きた場合でも、旧ソ連のチェルノブイリ原発事故のような大爆発につながる可能性は、ゼロではないが極めて低いとみられている。しかし、本多教授は、東電や国に対し、「楽観論に立たず、最悪を想定すべきだ」と指摘する。

「可能性の低さ」に甘えず万全の措置を取るべきであり、そういう意味では今回のホウ酸水注入は「妥当な措置だ」。検出量が微量なため、東電の説明通り限定的な発生とみて良いが、万一に備えて手を打ったことは評価できる。

続きは福島原発「局所的臨界」を読み解く 専門家「最悪を想定すべき」

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.