Skip to content


福島で甲状腺検査始まる 未成年36万人対象 via 日本経済新聞

福島県は9日、福島第1原子力発電所事故による未成年者の被曝(ひばく)状況を調べる甲状腺検査を始めた。対象は発生時に県内在住だった18歳以下の約36万人で、2014年3月までに一巡した後、数年おきに継続実施する。初日の会場となった福島市の県立医大付属病院には、同日午前から親子連れらが姿を見せた。

同県などによると、同病院では来月13日までの土日祝日に川俣町の一部、浪江町、飯舘村の約5千人を先行対象に実施。初日の9日は143人が受検を希望している。

 

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.