Skip to content


ヨウ素剤服用の助言、政府対策本部に届かず 政府が答弁書で認める via msn.産経ニュース

2011.10.7 19:06

政府は7日の閣議で、原子力安全委員会が東京電力福島第1原発事故の発生3日後の3月14日、体内被曝(ひばく)をした場合に健康被害を防ぐ効果 がある安定ヨウ素剤を住民に服用させるべきとする助言をしながら、菅直人首相(当時)が本部長を務める政府の原子力災害対策本部に届いていなかったとする 答弁書を決定した。公明党の浜田昌良参院議員の質問主意書に答えた。

原子力安全委は同月13日、一定の被曝線量を超える住民に安定ヨウ素剤を服用させるよう求めるコメントを発表。翌14日に対策本部事務局にも助言を行った。しかし答弁書は、同事務局で「受けた記録が確認されていない」とした。

続きは

◇ 当サイト既出関連記事:

特集・原発事故でヨウソ剤はなぜ生かされなかったのか via NHKかぶんブログ

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.